天天有 一乗寺本店 (京都府京都市) 
店主 漆畑 嘉彦 様

長年の味を守りつつ、圧力寸胴を使うことで、更に進化させていくことができる夢の道具。


1971年(昭和46年)開業以来、京都左近区一乗寺の激戦区で、長年こだわり続けたスープに、二代目が更なる進化を加え、完成させた本店ならではの本物の味。

「圧力寸胴を使うことで、鶏のコクと旨味を十分に余すことなく出し切り、甘くて濃厚な白濁とした飽きのこないスープに仕上げることが出来た」